鬼滅の刃アニメ11話 炭治郎・善逸・伊之助の3人集結回の感想を書き殴る

2019年6月15日に鬼滅の刃11話が放送されましたね。みんなリアルタイムで見れましたか?

なんと、この11話で炭治郎の他に同期の仲間が2人増えました。本誌&コミックスを読んでいたみんなはこの回を待ち望んだファンの人たちも多かったのではないでしょうか。鬼滅の刃は作画も神だし、声優も超豪華なので、この子たちがどのように画面の中で暴れてくれるのか期待が高まっていた中での派手な登場だったので、かなり衝撃でしたね(笑)

個人的にもこの回は『かまぼこ隊』集結の回でもあるのですごく見ごたえがあって良かったです。いや~本当に面白いね。さすがufoさん! アニメが終わった今でも何度も繰り返し見てます(『かまぼこ隊』って? と思った方のための後程詳しくまとめていきますね)。

そこで今回は炭治郎以外の2人の仲間たちについてたくさん語っていこうと思います。アニメ11話未視聴の方はネタバレが含まれますのでご注意を!

まずはこの回より晴れて仲間となる炭次郎の同期の2人からご紹介していきます。

我妻 善逸(あがつま ぜんいつ)

アニメ11話より出典

アニメ11話の冒頭から登場した金髪の少年です。年齢は16歳(公式ファンブックより)。炭次郎が15歳なので1つ年上のお兄さんになるのですが、「結婚してくれ~」とかわいい女の子に求婚している衝撃のシーンからスタートしました。

とにかくメインメンバーとは思えないほどのヘタレで泣き虫。泣いて怯えているシーンが多く、すぐに炭治郎に泣きつきます(善逸の方が年上なのにね)。印象的な黄色がモチーフカラーで、どこにいても目立つためすぐに見つけることができます。羽織りの三角模様もすごく可愛いですね。

借金まみれの善逸を助けてくれた爺ちゃんが元柱で、善逸の才能を見抜き、育手として鍛錬を開始しますが、自分のことを才能がなく、ものすごく弱いと思っているので、強さの自覚がまったくありません。実力がないと最終選別では生き残れないと思うのですが、それも運が良かったとしか思っていない残念な子です。

炭次郎からもらったおにぎりをきれいに割ったり、炭治郎から貰ったのに「食えよ」と炭治郎にあげているシーンはネット上で突っ込まれていました(笑)

そんな善逸は非常に優れた聴覚をもっていて、あらゆる音で状況や相手が考えていることなどを感じ取ることができます。これまで数多くの女の子に騙されてきたようですが、音で分かっていたはずなのに「自分が信じたい人を信じたい」という素直でまっすぐなとても優しい男の子です。

嘴平 伊之助(はしびら いのすけ)

アニメ11話より出典

※アニメ11話の時点では名前の発表はないのですが、見出しに書かせていただきました。

ここまで鮮明でリアルに描かれた野生児はこれまでいないんじゃないかと思うほどのとんでもねぇバーサーカー。年齢は15歳で炭次郎と同い年になります(公式ファンブックより)。

時間にしてまだ少ししか登場していないのに、猪の毛皮被ってるわ、腰になんかふさふさしたの巻いてるわ、上半身裸で筋肉ムキムキだわ、猪突猛進って叫んで飛び込んでくるわとすごいインパクトでしたよね。

最初善逸が見つけた時も、鼻の穴からすごく深い息を出して、善逸をビビらせていました。でもいきなりこの姿で登場されたらちょっとビックリするかも。

個人的には二刀流すごく好きなのでこれからの活躍がとても楽しみなのですが、炭治郎たちとどう絡んでくるのかが見どころのひとつになってくるのではないでしょうか。

そんな伊之助は山育ちのため非常に触覚が優れており、姿の見えない相手であっても動きや居場所を的確に捉えることができます。伊之助が上半身の服を着ていないのも、感覚が優れているせいで、むずがゆく気持ち悪くなってしまうようです。

かまぼこ隊とは?

それでは冒頭で少し触れました、かまぼこ隊についてちょっとまとめていきます。

鬼滅の刃の登場人物、主人公の竈門炭治郎と炭治郎の同期の我妻善逸と嘴平伊之助の三人、もしくはヒロインの竈門禰豆子が加わった四人のイラストにつけられるグループタグ。グループ名の由来は、伊之助が炭治郎の名前を「かまぼこ権八郎」と呼び間違えたことから。

引用:ピクシブ百科事典

よくこの言い間違いから『かまぼこ隊』なんて付けましたよね。最初誰が言い始めたんだろう。ネーミングセンスとこの部分をピックアップしてくれた最初の名付け親に土下座感謝。

このかまぼこ隊に、禰豆子ちゃんが入っているか入っていないか正直曖昧な部分でもあります。動画やTwitter上でもかまぼこ隊で検索をすると、3人パージョンと4人バージョンの2パターンあるんですよね。この辺は明確な線引きがないので難しいところですが、その時の雰囲気やノリで判断してもいいかもしれません。

そして今後はこのかまぼこ隊がメインキャラとして大活躍してくれます。実際この屋敷で3人が出会ってから、3人同時の任務も増えていきます。3人セットにして鎹鴉を飛ばしてくれる親方様マジ最高です。ありがとう。

アニメ最終話直後の公式Twitterだけど、このかまぼこ隊が超良いから見てくれ。

アニメ11話の内容と個人的感想

これまで炭次郎と禰豆子ちゃんだけだったから序盤からすごく盛り上がった(うるさかった)回だったと思います。とにかく泣き叫ぶ善逸が終始賑やかでしたね。善逸の演技を見て、改めて日本の声優さんって本当にすごいな…と思いました(善逸の声優:下野 紘さん)。

最初からこれだけ飛ばしたので、アニメを見た視聴者には最悪のビビり野郎が仲間になったと植え付けられたでしょう。まぁ実際は超絶強いんですが、これはまた後日談ということで。

山の中にある鼓屋敷に捕えられた『稀血』のお兄ちゃんを助けるために炭次郎と善逸、そして2人の兄妹が乗り込んでいくのですが、そこで待ち構える元下弦の鬼 響凱(きょうがい)の血鬼術によりみんな違う部屋に飛ばされてしまいます。そこで普段のヘタレを発揮し、「外に出よう~」と自分よりも遥かに年下の正一くんに泣きついた善逸に「なんで自分だけ逃げようとしているんですか」「あなたの腰の刀はいったいなんなんですか」と正論をかますやりとりが本当に面白い。もはやコント。いいコンビですよ。

でもこれだけ正論を言われてもあくまで自分は弱いから役に立たないとそとに出ようとする善逸でしたが、出口が出口じゃなくなっていました。響凱の血鬼術により、玄関をあけると再び別の部屋に飛ばされてしまったんですねそれでも何とか外に出ようと、次々に扉を開けては別の部屋に飛ばされを繰り返していた善逸の前に現れたのが猪頭を被った伊之助でした。指令を受けたのか、屋敷の中で脱出できなくなった伊之助は3日も閉じ込められていたようです(アニメ12話より)。

というか驚いたのが伊之助の声優さんがあの松岡 禎丞さんなんですよ。ソードアートオンラインのキリトや食戟のソーマの創真の声を担当している人です。ビックリして腰抜けました。全然そんな面影ないし、この人本当にどんだけ演技上手で多彩な声を出せるんだって驚愕。

他の仲間が登場してくれたおかげで、炭次郎が本当にしっかりとした善良な男の子なんだってことがよく分かりました(笑) シンプルに長男力が高いだけか、他の2人の個性が強すぎるだけかもしれないけど。後々分かってきますが、善逸と伊之助の人気の秘密は『ギャップの強さ』だと思っているので、ある意味バランスが取れていて良い組み合わせなのかも。ワニ先生、よくこの3人を生み出してくれました…。マジ感謝。拝みます。

ちなみにこの屋敷に鬼は3体います。元下弦の鬼である響凱とおデブな鬼と四足歩行の鬼です。響凱以外の鬼は12話から登場しますが、善逸と伊之助が倒してくれます。とにかくバトルシーンがかっこいいからみんなに観てほしい。動画見るならU-NEXTがおすすめです。漫画も読めるので。

稀血(まれち)の子供って?

さっき少し単語を出しましたが、『稀血』をご存知ですか?

稀血とは、鬼にとってかなり貴重な血を持つ人間のことで、1人食えば100人の人間を食ったのと同じくらいの効力があるそうです。無残様に十二鬼月の称号を剥奪された響凱は、もう一度十二鬼月に戻るために稀血の子供を誘拐して屋敷に閉じ込めます。

コミックスを見てもその後あまり稀血の人間は出てこないのですが(それだけ珍しいということかな)、かなり先の方で鬼殺隊のある人物が稀血の人間であることが判明してきます。この辺はまだコミックスにも未収録で超ネタバレになるので、後日記事に書きますね。

鬼滅の刃 今後の展開はどうなる?

こうしてアニメ12話へと続くわけですが、まだまとまりのないかまぼこ隊がどのようにして鬼と戦うのかが本当に見ものですね。

果たして、離ればなれになってしまった善逸は無事に正一くんを守り切ることができるのか、響凱と対峙している炭次郎と伊之助がどのような戦いを見せてくれるのか、稀血の子供を助けることができるのか。気になるところはたくさんありますが、とりあえず来週の鬼滅の刃を楽しみにしておきましょう!

「嫌だ1週間も待てない」という私のように待てない人はコミックス購入をおすすめします。アニメ11話はコミックス3巻に収録されています。

created by Rinker
¥440 (2020/04/04 06:31:15時点 Amazon調べ-詳細)

 

そしてなんと、鬼滅の刃が映画化決定! おめでとう! いや~本当に嬉しいです。

そこで映画公開日予想や劇場版に期待することをふんだんに書いた記事をアップしましたので、よかったら覗いてみてください!

鬼滅の刃映画化! 大興奮間違いなし&神作画超期待の無限列車編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です