鬼滅の刃 鬼殺隊・柱の呼吸法 使い手と型、流派一覧まとめ

鬼滅の刃には『全集中の呼吸』という、鬼殺隊が鬼の頸を切る際に用いる剣術が存在します。日輪刀を持っただけでは鬼の頸を切ることができず、育手から学ぶそれぞれの『呼吸法』を会得してから、はじめて爆発的な力を発揮することができます。

そんな『呼吸法』には基本となるベースが5つあります。

これらの基本を元に派生した『音』や『霞』なんかが存在しています。

今回は鬼殺隊の誰がどの呼吸法を使うのか、そして各呼吸の型を画像をお借りしながらできるだけ分かりやすくまとめてみました。単行本のペースをベースに作りましたので、ネタバレ等ございますのでご注意を!

上から順番に基本の呼吸法とそこから派生した呼吸法を順番に並べています。物語が進行し、新しい技が追加されたら、こちらにも追記していきますので、どうぞお楽しみください。

MEMO
目次がとても長いので、不必要な方は『close』で閉じてくださいね。ヒノカミ神楽だけでかなりの数が存在します。

Contents

水の呼吸

呼吸法の中で1番使い手が多く、初心者でも扱いやすいのが五代流派のひとつ、水の呼吸です。

鬼殺隊の中では主人公である竈門 炭治郎をはじめ、水柱である冨岡 義勇さんが代表として挙げられます。他には村田さんも水の呼吸の使い手です。

壱ノ型『水面切り』

鬼滅の刃 単行本1巻より出典

錆兎と真菰のが手鬼に殺されていたを初めて知り、果敢に鬼に立ち向かい、見事手鬼の頸を討ち取った。

弐ノ型『水車』

鬼滅の刃 単行本1巻より出典

炭治郎が最終戦別で出会った手鬼から、参加者を助けるために使用した型。矢印鬼や那田蜘蛛山での父蜘蛛との戦いでは、『改』と称し、『横水車』を繰り出している。

参ノ型『流流舞い』

鬼滅の刃 単行本2巻より出典

矢印鬼と手毬鬼との戦いで見せた型。あらゆる方向から攻めてくる手毬を、水のように流れる舞いですべて切り落とした。

肆ノ型『打ち潮』

鬼滅の刃 単行本1巻より出典

炭治郎が最終戦別の際に、はじめて使った型。襲いかかってきた鬼2体の頸を容易く切り落とした。

伍ノ型『干天の慈雨』

鬼滅の刃

鬼滅の刃 単行本4巻より出典

自ら死を望んだ鬼にのみ繰り出す、痛みも苦痛もなく頸を落とす優しい型。

陸ノ型『ねじれ渦』

鬼滅の刃 単行本2巻より出典

水の中で力を発揮する型。上半身と下半身のねじれを利用し、分裂鬼をまとめて2体簡単に撃退。

漆ノ型『雫波紋突き』

鬼滅の刃 単行本2巻より出典

手毬鬼から放たれる手毬を止める際に使用した突き技。

捌ノ型『滝壺』

鬼滅の刃 単行本2巻より出典

地面から襲いかかってきた分裂鬼の動きをまとめて封じ込めた型。

玖ノ型『水流飛沫・乱』

鬼滅の刃 単行本3巻より出典

鼓屋敷にて、肋が折れている中、響凱を倒すために繰り出した型。

拾ノ型『生生流転』

鬼滅の刃 単行本5巻より出典

水の呼吸、最後にして最強の型。回転を増すごとに威力が増し、最初は切れなかった累の糸も簡単に切断できるようになる。

拾壱ノ型『凪』

鬼滅の刃 単行本5巻より出典

水柱である義勇さんが編み出した義勇さんだけの型。間合いに入った者の攻撃を『無』にする凄技。

蛇の呼吸

水の呼吸から派生した呼吸法で、鬼殺隊の中では蛇柱である伊黒 小芭内(いぐろ おばない)がその使い手です。蛇のエフェクトが印象的。単行本の時点ではまだ多くの型を披露していません。

伍ノ型『蜿蜿長蛇』

鬼滅の刃 単行本16巻より出典

無限城に落とされた後、襲い掛かる大量の鬼を蛇のような動きで一掃した型。

花の呼吸

炭治郎と同期である栗花落 カナヲが会得した呼吸法です。またしのぶの姉である元・花柱 胡蝶 カナエも花の呼吸の使い手でした。

カナエの呼吸法の描写はないため、まったく同じかは分かりませんが水の呼吸なんかは拾壱ノ型以外同じなので、同様の可能性が高いと思われます。

肆ノ型『紅花衣』

鬼滅の刃 単行本17巻より出典

感情的に童磨に放った型ですが、この段階ではほとんど通用せず。

蟲の呼吸

蟲柱である胡蝶 しのぶが使う蟲の呼吸は、花の呼吸を更に派生させたものになります。型の呼び方も他の呼吸法とは異なり、伊之助の我流 獣の呼吸(『牙』)のように『型』ではなく『舞』と表現しています。蝶がモチーフのしのぶさんにピッタリの呼吸法ですね。

しのぶさんは童磨戦で絶命してしまうので、蝶の呼吸がぜんぶでいくつの舞があったのかは不明です。

蝶ノ舞『戯れ』

鬼滅の刃 単行本5巻より出典

那田蜘蛛山に向かった際に遭遇した姉蜘蛛に繰り出した技。

蜻蛉ノ舞『複眼六角』

鬼滅の刃 単行本16巻より出典

童磨に高速で六点撃ち込んだ技。

蜂牙ノ舞『真靡き』

鬼滅の刃 単行本16巻より出典

突き技に優れたしのぶさんの技。高速で相手に撃ち込むことができるため相手は反応できない。

蜈蚣ノ舞『百足蛇腹』

鬼滅の刃 単行本16巻より出典

強い踏み込みにより相手に突撃する技。あの上弦の弐 童磨にも「こんなに早い柱ははじめてだ」と評価されている。

炎の呼吸

炎の呼吸は煉獄家が代々後継者を輩出してきた五代流派のひとつです。使い手は、炎柱である煉獄 杏寿郎。父親である煉獄 槇寿郎も元・炎柱でした。

無限列車編で煉獄さんが絶命。弟の千寿郎も鍛錬を重ねましたが、剣術の才に恵まれず、炎の呼吸の継承はここで途絶えることとなります。

壱ノ型『不知火』

鬼滅の刃 単行本7巻より出典

作中で見せた煉獄さんのはじめての型。一直線に駆け抜け、一瞬で鬼の頸を切り落とした。

弐ノ型『昇り炎天』

鬼滅の刃 単行本8巻より出典

深手を負っている炭次郎に殴りかかった猗窩座の腕を瞬時に切りつけ、炭次郎を守った型。

肆ノ型『盛炎のうねり』

鬼滅の刃 単行本8巻より出典

猗窩座から放たれる無数の砲弾をすべて防いだ型。

伍ノ型『炎虎』

鬼滅の刃 単行本8巻より出典

炎を纏った虎のエフェクトで繰り出される型は、上弦の参である猗窩座の攻撃と同格。

奥義 玖ノ型『煉獄』

鬼滅の刃 単行本8巻より出典

2Pに渡って描写された炎の呼吸の最終奥義。

恋の呼吸

恋の呼吸は甘露寺 蜜璃の呼吸法。炎柱である煉獄さんの継子として鍛錬していたが、あまりのオリジナリティーに溢れていたため、独立して恋の呼吸を編み出しています。うねうねとした柔らかい日輪刀は、刀鍛冶の長である鉄珍が打ったものです。

普段はきゅんきゅんして女の子みたいなのに、呼吸法を使うときの甘露寺ちゃんはとてもかっこいいです。

壱ノ型『初恋のわななき』

鬼滅の刃 単行本13巻より出典

2Pに渡って描かれた『恋』とは思えないほど迫力のある技。

弐ノ型『懊悩巡る恋』

鬼滅の刃 単行本14巻より出典

4体に分裂した半天狗が最終的にひとつに合体した憎珀天の猛攻を防いだ型。

参ノ型『恋猫しぐれ』

鬼滅の刃 単行本14巻より出典

憎珀天から繰り出される無数の雷撃や超音波攻撃を、攻撃ごと切ってしまう型。

伍ノ型『揺らめく恋情・乱れ爪』

鬼滅の刃 単行本14巻より出典

憎珀天の広範囲攻撃を受け流した型。柔軟性を利用して、同じく広範囲に切りつける。

陸ノ型『猫足恋風』

鬼滅の刃 単行本14巻より出典

相手の攻撃を交わす、もしくは攻撃する防御型。

岩の呼吸

岩の呼吸は五大流派のひとつで、鬼殺隊最強と称された岩柱である悲鳴嶼 行冥の呼吸法です。岩の呼吸からの派生はなく、今のところ悲鳴嶼さんのみの呼吸法となっています。

ちなみに不死川実弥の弟である玄弥を継子として迎えていますが、残念ながら玄弥は呼吸法を使えません。

参ノ型『岩軀の膚』

鬼滅の刃 単行本16巻より出典

産屋敷邸を襲撃した鬼無辻 無惨に放たれた最初の技。

風の呼吸

初登場時から禰豆子の入った箱を刺したり、炭次郎への当たりが非常に強いなど、初っ端からあまり好印象ではなかった風柱である不死川 実弥の呼吸法。風の呼吸は五大流派のひとつであり、気性が荒く、好戦的な隊員に向いている呼吸法と言われています。

壱ノ型『鹿旋風・削ぎ』

鬼滅の刃 単行本16巻より出典

冨岡 義勇との稽古中に繰り出した型。日輪刀ではなく木刀なのに凄まじい威力。

伍ノ型『木枯らし颪』

鬼滅の刃 単行本16巻より出典

台風の目のような中心に立ち嵐のような型を繰り出す。

霞の呼吸

風の呼吸から派生した呼吸法で、霞柱である時透 無一郎の技。刀を持ってたった2ヶ月で柱まで昇り詰めた天才剣士。はじまりの呼吸といわれる最強の技だと称される『日の呼吸』の使い手であった使い手の子孫。霞の描写がとてもきれいです。

壱ノ型『垂天遠霞』

鬼滅の刃 単行本14巻より出典

上弦の伍である玉壺の血鬼術に囚われてしまい、中から突き技である壱ノ型を繰り出す。

弐ノ型『八重霞』

鬼滅の刃 単行本14巻より出典

外からの攻撃も壱ノ型でも破れなかった血鬼術を破る。

参ノ型『霞散の飛沫』

鬼滅の刃 単行本14巻より出典

玉壺の血鬼術である無数の魚を切った後に溢れ出した大量の毒を一掃した型。

肆ノ型『移流斬り』

鬼滅の刃 単行本12巻より出典

刀鍛冶の里で突然現れた上弦の肆に即座に放った無一郎の作中はじめて繰り出した型。

伍ノ型『霞雲の海』

鬼滅の刃 単行本14巻より出典

大量の蛸足をかいくぐり、いとも簡単に懐へと忍び込む。蛸足は見事粉々に切断されていた。

陸ノ型『月の霞消』

鬼滅の刃 単行本14巻より出典

2Pに渡って描かれた技。玉壺が血鬼術で生み出した魚たちが無一郎に迫るが、1匹残らず切り刻んだ。

漆ノ型『朧』

鬼滅の刃 単行本14巻より出典

まるで霞に紛れるように姿をくらませ、相手に一撃を食らわせる型。

獣の呼吸

炭次郎の同期である嘴平 伊之助の呼吸法。風の呼吸の派生になりますが、伊之助は育手を介さず、自力で呼吸法を会得しています。攻撃の型を『牙』、それ以外を『型』と称しています。

壱ノ牙『穿ち抜き』

鬼滅の刃 単行本5巻より出典

非常に硬い皮膚を持つ父蜘蛛に刀を折られてしまいましたが、折れた2本の刀で父蜘蛛の頸に突き刺すことに成功しました。

弐ノ牙『切り裂き』

鬼滅の刃 単行本7巻より出典

無限列車編で先頭車両にある魘夢の隠れた頸を見つけ出す際に繰り出した技。

参ノ牙『喰い裂き』

鬼滅の刃 単行本3巻より出典

鼓屋敷にて、分厚い脂肪に守られた鬼の両腕と頸を容易く切り落とした技。

肆ノ牙『切細裂き』

鬼滅の刃 単行本7巻より出典

無限列車編で、魘夢の頸を探し当てたあと頸を守るように蠢く無数の手を切り刻んだ技。

伍ノ牙『狂い裂き』

鬼滅の刃 単行本7巻より出典

伊之助専用の日輪刀を手にしてから、作中ではじめて繰り出した技。広範囲に切りつけるため、敵に囲まれたときなどに最適。

陸ノ牙『乱杭咬み』

鬼滅の刃 単行本11巻より出典

2本の日輪刀を鋸のように使い、帯状に伸びて切りにくい堕姫の頸を容易く切り落とした技。

漆ノ型『空間識角』

鬼滅の刃 単行本4巻より出典

優れた触覚により空気の僅かな揺らぎで、目に見えない場所にいる相手の居場所を特定することのできる型。

捌ノ型『爆裂猛進』

鬼滅の刃 単行本11巻より出典

防御を一切せずに真っすぐ相手へ突っ込んでいく型。炭次郎と善逸に守られながら直進する画像は、雷の呼吸 壱ノ型『霹靂一閃』・八連をご覧ください(↓)。

雷の呼吸

炭次郎と同期である我妻 善逸の呼吸法。元柱である桑島 慈俉郎の元で育てられた善逸と獪岳が使い手。雷の呼吸は五大流派のひとつですが、現在柱はいません。

壱ノ型『霹靂一閃』

鬼滅の刃 単行本3巻より出典

陸ある型のうちの基本となる型。善逸は壱ノ型しか使えませんが、ひとつのことを極め抜けという爺ちゃんの教えにより、次々と壱ノ型を極め、技を磨いていきます。

壱ノ型『霹靂一閃』・六連

鬼滅の刃 単行本4巻より出典

善逸が編み出した善逸だけの技。那田蜘蛛山で兄蜘蛛に蜘蛛にされかけた際に、恐怖のあまり失神し、爺ちゃんとの会話を思い出しながら六連を発動し、見事勝利します。

壱ノ型『霹靂一閃』・八連

鬼滅の刃 単行本11巻より出典

2Pに渡って描かれたかまぼこ隊3人が協力して技を繰り出しています。この時の伊之助は獣の呼吸 捌ノ型『爆裂猛進』を使っています。

壱ノ型『霹靂一閃』・神速

鬼滅の刃 単行本11巻より出典

非常に追い詰められた状況で放った善逸だけの技。六連・八連を遥かに上回る速さは、堕姫も圧倒させるほどのものでした。

弐ノ型『稲魂』

鬼滅の刃 単行本17巻より出典

獪岳の血鬼術により多少変わってしまっているかもしれません。上弦の陸となってしまった獪岳より放たれる高速の五連撃。

参ノ型『聚蚊成雷』

鬼滅の刃 単行本17巻より出典

善逸に向けて撃たれる、回転しながらの波状攻撃。

肆ノ型『遠雷』

鬼滅の刃 単行本17巻より出典

1点に向けられた放射線のような技。

伍ノ型『熱界雷』

鬼滅の刃 単行本17巻より出典

下から上に切り上げる技。

陸ノ型『電轟雷轟』

鬼滅の刃 単行本17巻より出典

激しい無数の雷轟が襲う技。いずれも血鬼術により強化されており、技を受けた者の身体はひび割れてしまう。

漆ノ型『火雷神』

鬼滅の刃 単行本17巻より出典

2Pに渡って描かれた、善逸が考えた善逸だけの技。炎と雷の龍が舞い、獪岳に圧勝した。

音の呼吸

音の呼吸は雷の呼吸から派生した呼吸法。雷柱ではありませんが、音柱であり派手好きの宇髄 天元が使用する技です。宇髄さんらしいうるさく、騒がしい技が多いです。

壱ノ型『轟』

鬼滅の刃 単行本9巻より出典

遊郭編で地面の中で戦う伊之助たちの音を察知し、大穴を開けた派手な技。

肆ノ型『響斬無間』

鬼滅の刃 単行本11巻より出典

毒を操る妓夫太郎に放った技。爆薬丸を使い、足を止めて攻撃を繰り返す。

伍ノ型『鳴弦奏々』

鬼滅の刃 単行本11巻より出典

 

ヒノカミ神楽

那田蜘蛛山の累との戦いで父の走馬灯を見た後に、炭治郎が使えるようになった呼吸法。しかしヒノカミ神楽の呼吸法を知る者はおらず、使い始めてすぐは詳細が分からなかったが、煉獄家にある書物に、その歴史が記されている可能性が高いことが分かり、炭治郎のために千寿郎が調べ始める。炎のエフェクト。

『円舞』

鬼滅の刃 単行本5巻より出典

水の呼吸では切れなかった累の血鬼術を軽々と切り刻んだ技。

『碧羅の天』

鬼滅の刃 単行本7巻より出典

無限列車の魘夢の頸を切った技。炎の呼吸の『昇り炎天』と似ているかもしれません。

『烈日紅鏡』

鬼滅の刃 単行本9巻より出典

遊郭編で堕姫の帯を交わすために用いられた技。

『炎舞』

鬼滅の刃 単行本9巻より出典

『円舞』と違う点は、二連撃の技であること。一撃目が交わされても、次の手で攻めることができる。

『幻日虹』

鬼滅の刃 単行本9巻より出典

『幻日虹』は攻撃の技ではなく、回避技。堕姫の帯も交わすことができた。

『灼骨炎陽』

鬼滅の刃 単行本10巻より出典

無差別に帯の攻撃を放ち、多数のけが人と死亡者が出てしまったことに怒りの頂点に達した炭次郎が堕姫に放った技。余裕で懐へ入り込み、あと少しで頸が切れるというところまで追い詰めた。

『陽華突』

鬼滅の刃 単行本12巻より出典

突然上弦の肆 半天狗が現れ、即座に攻撃を仕掛けた無一郎に続き、半天狗に繰り出した突き技。

『日暈の龍 頭舞い』

鬼滅の刃 単行本13巻より出典

禰豆子の血鬼術『爆血』の力を日輪刀に宿した炭次郎のヒノカミ神楽。単行本2Pにわたり描かれた迫力のある技です。分裂した上弦の肆 半天狗3体をまとめて切ることに成功しています。

『円舞一閃』

鬼滅の刃 単行本16巻より出典

本体を見つけ出すのに非常に苦労した半天狗の頸をはねた技。

『火車』

鬼滅の刃 単行本17巻より出典

身体を回転させながら切り込む技。猗窩座の腕を切り落とした。

『飛輪陽炎』

鬼滅の刃 単行本17巻より出典

猗窩座の頸に到達できるが、猗窩座の猛攻によりなかなか頸をはねることができない。

まとめ

現在単行本内で確認できている全呼吸一覧でした。本誌を読んでいる皆さんはすでに新しい型の登場を知っている方も多いと思いますが、単行本が発売されたら更新していきますので、楽しみにお待ちください。

created by Rinker
¥440 (2020/07/05 10:30:14時点 Amazon調べ-詳細)

また公式ファンブックにも、呼吸法についての詳細が分かりやすくまとめてまりますので、よかったらお手に取って楽しんでみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です